menu

牧野市長と佐藤副市長の犯罪隠蔽

十数年前、設計事務所協会は新たな団体「設計監理協会」を設立した。
何故この様な団体を設立する必要があるかと言えば、飯田市発注の建築設計業務を独占するためである。
飯田市は設計業務のみを、この団体に入会している設計事務所に発注してきた。
設計料は3.5%とされ、その見返りに「地域計画課の事業計画通り設計するのが条件」とされている。
地域計画課の事業計画は、特定商社(綿半ホールディングス)の商品が指定されている。また、家具や厨房機器などは設計業務から外され、地域計画課が使用メーカーを指定し、相見積もりによる入札が行われてきた。
これらの事実を指摘したが、牧野市長は一般競争入札に切り替え、数々の不正が露呈しない手段に打って出た。
数々の不正は闇に葬られるのか、はたまた明らかとされ責任追及されるのかは、飯田市の議会に掛かっている。
議員にもこれらの不正に直接的に関与した者が数名居り、議会は身内のこととして、公開された場においての追求は未だなされていない。

最近の記事

  1. th
  2. people-2561053_960_720
  3. 牧野市長
  4. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  5. 760460_0910
PAGE TOP