menu

飯田市 市長選 熊谷 章文

 リニアは しあわせのまちづくりを運ぶ
 私たちの子供のころ、中央道は夢でありました。世界一の恵那山トンネルが開き、名古屋までは一時間余り、東京へも三時間で行けるようになりました。移動にかかる時間が半分になったことは、その半分の時間が、いかに大切で必要なものなのかが実感できたのです。
国は私たちに時間を与えてくれた、それは、驚きであると同時に、社会に出ていく私たちに夢を感じさせてくれました。夢を持ち、夢に向かって歩き出せばきっと幸せになれるだろうと。
 
 いま、リニア中央新幹線で飯田駅が出来ることになりましたが、子供たち、若い人たちに同じような夢を与えられているでしょうか?
経済界は、総務省からの潤沢な予算で第二次産業が発展すると、経済の活性化に沸き立っておりますが、一方で、日本共産党は費用対効果を理由に、リニア中央新幹線を否定しています。このような争いを垣間見て、若者や子供たちはどう感じているのでしょうか?
子供に夢を与えられない国策などありません。国は、地震も津波も、そして台風さえ来ない、自然豊かな日本の真ん中にリニアの駅をつくるのです。
近い将来道州制が施行されるでしょう。東京と大阪が都になって、その真ん中、日本の真ん中である飯田市にリニアの駅ができるのです。これだけの大きな夢を国が与えているのですから、子供たちが夢を持てるように、私たちは先人になるべきではないでしょうか。  
  
   三つの基本政策
1.林業と農業を基幹産業にします。
2.市長の権限を市民の権利に変えます。
3.市役所改革を行い、行政不正をなくします。  
  
 環境保全は国民の責任
山林は私たち人類の大切な自然の宝ですが、一方でそれを資源と捉え、山林の40%に植林して産業をなそうと進められてきました。しかし、それら人工林は手入れが行き届かなくなり、今では災害の原因ともなりかねない状態です。
長野県は全国に先駆けて「森林税」を導入し、森林保全に取り組み始めましたが、はたしてどれほどの成果が上がっているのでしょうか。作業がきついわりに金にならないという、森林作業者の思いを受け止めながら森林組合は活動しているものと思いますが、やはり採算を求めての事業となると、それはとても困難なことです。県は「森林税」という形で力を貸してくれました。飯田市は、森林産業が基幹産業となるような努力を行うべきだと考えます。
いっぽうで、農業においては、その担い手不足もさることながら、農地が第二次産業や住宅の用地として開発が進み、様変わりしているのが現状です。経済活性化の中心が第二次産業であることは否めませんが、農業が基盤産業として組み立てられる可能性を考えてきたでしょうか。農業従事者も森林作業者と同じ状況にあることを鑑みれば、林業と同じく、農業に対しても行政が力を貸せば、基盤産業として組み立てることが出来るのではないでしょうか。
“治山”であれば災害は防げます。山林に手が行き届けば農地も肥えます。若い人たちが、山に、農地に、その活躍の場を求めていけるようにするために、森林組合や農協、地区や財産区とともに政策を考え、そして実行していくことが必要だと考えます。  
  
 今、市役所は市民のために機能しているのでしょうか!?
飯田市は長い間、市長が政治と行政を行ってきています。選挙で何を市民に訴えるのかと言えば、後ろについている企業に利する政策を代弁しているだけです。これで市民は幸せになれますか? 若者は夢を抱けますか?
 市長の権限とは何でしょうか?
市長に権限などありません。市長は、議会で決定された市民の政策を確実に遂行する立場であって、市職員が市民の負託に応えられるよう、働きやすい環境を整えるのが役目です。
 ムトスまちづくりってなんでしょう?
行政に必要な機能でしょうか? 飯田市は現在、議員は市全体のことを考えるべきで、隣組や常会の要望は自治会でまとめてまちづくり委員会を通して市に挙げる。こんな仕組みになっています。市民の声は飯田市行政に直接届かないのです。この仕組みは牧野市長と佐藤前副市長がつくった、飯田市民をコントロールするシステムです。
議員の使命とは何でしょう? 市民の要望や要請にこたえ、それを実行するために働く、それが議員の役目ではないでしょうか。口では行政との両輪だと言っていますが、市長に意見できないような者に政治など行えるはずがありません。「自分は一票の大切さを胸に政治をする。」その様な議員が多くなることに期待し、議会の決定を確実に実行できるよう、市役所を改革いたします。
 今、飯田市行政と議会に多くの不正が発生しています! 30年前から、飯田市行政における不正を無くそうと努めてまいりましたが、残念ながら、それら多くの不正は犯罪へと変わり、もはや飯田市は末期的な状態になっています。不正が犯罪とならぬよう、行政法に基づきあらゆる手段を用いてきましたが、行政を査問する議会議員が、それら不正を隠蔽するというとんでもない行動に出ました。国はこれら不正の実態を知っており、現在最終的な決断がいつなされるのか、という状況です。行政における不正は社会秩序を乱し、ついには市民がそれら損害を被ることになります。今、何が起きているのかを市民が知れば、市民はそれらに立ち向かうことが出来ます。市民が事実を知って、それら不正を間違いとして修正し、犯罪とならぬような努力を行えば、必ず国はそれに応えてくれるでしょう。人を責めるのではなく、自分の責任として当たれば、必ず解決にたどり着けます。市民を先導に、議会議員とともにこの困難に立ち向かう所存です。私は飯田市長に立候補いたします。   
   
 個別政策
その1 従業員に「一万円の夢手当」の実現
 企業の役員報酬を半額にしていただき、全従業員に月一万円を手当てしましょう。趣味でも娯楽でも、人生の潤い手当です。小企業や個人事業者においては、市がそれを補う制度をつくります。
その2 建築物の木造化
 大工さんや左官屋さんの伝統技術を継承するために、建築業界と森林事業者の協力を得て、地域材を用いた施設や住宅を建設します。
その3 林道と農道、及び生活道路の再整備
 必要な道路をつくる。それには土建業界の知恵が必要です。林業と農業が基幹産業と成るよう、飯田下伊那一体の協力を働きかけます。
その4 入札制度の改革
 飯田市では長い間、指名競争入札を続けてきたことで、官製談合という恐ろしい犯罪が発生してしまいました。これを修正するのは簡単なことです。国土交通省の入札契約適正化に基づき、長野県の指導において改良することです。行政は、平等性の担保が原則であり、それが社会秩序のもとになっています。入札制度だけを改良するのではなく、どの入札物件にも、県の条件に合えば、自由に参加できる制度を確立いたします。
その5 上級職員の再雇用斡旋を禁止する。
 市役所・外郭団体の再雇用は市民を推薦します。
その6 動物愛護の精神
 動物を思いやり、触れ合うことで、心が豊かになり、人とのつながりも広がっていきます。
動物を家族同様に大切にしましょう。飯田市として保護した犬猫の殺処分ゼロを掲げます。  
  
     ユーチューブで記者会見を公開しています。 https://www.youtube.com/watch?v=efStMrl8NXk    ぜひご覧ください。  
  
     第一声
 青空の下、小学校を背景に貴重な体験! 夢を語るに最高の場所を用意してくれた記者の方々に感謝します。 何も頭に用意していなかったが、夢は語れたと思います。
第一声が “夢” などと、なんて甘いことを言っているのか!? などとおしかりを受けるのかもしれませんが、夢を語れなくて何が出来るのかでありましょう。いままで、「若者よ夢を抱け!」と、勝手なことを言っていたことに、眠れない夜中に気づいたが、自分の持っている夢が伝わればよいだけだ。その夢が現実として一つでも前に進むことが出来れば、それが若者にきっと伝わる。だからして、私は夢を追い求めていく。
 夢の一つ基幹産業
農業と林業を基幹産業にするは夢の一つであるが、先人はその夢を事実とした。残念なのが、その夢が継続できなくなってきたことにある。先人が成しえたことがなぜ出来ないのかと、答えはそう難しくはない。困難に見えるだけである。林業も農業も衰退していると見えているだけで、“根” は、まだしっかりと残っている。
初めての経験は第一声だけでなかった。それはしごく心に残ってしまったが、「第三次産業が主流だ」と、ある記者が口にした言葉にあった。「第二次産業が主流だが…」との話しを遮ってまで言う強い口調に少し驚いたが、それほどのことを口にするのが記者の役割であるのも感じる。だからして、私には二次も三次もさして変わりなく、大きな金が動く産業だけに世間の目が向ている異常さを伝えなければと強く思っただけのことである。  
  
    経済の活性化とは何だろう
「リニアが来て、飯田市にどのような経済効果が生まれますか!?」記者が言う。え? 経済効果? リニアに経済効果などあるの? 私としては夢の実現だからして、経済効果など一度も考えたことがなかった。では聞くが、飯田市にリニアの駅が出来て、いったいどんな経済効果が生まれるというのだろう。
「一過性の効果しかありませんよ」考えていないことはスラスラ言えるのが不思議であるが、土建屋さんが儲かればよいのかな。記者はさすがです。一過性をとの言葉に反応し、確かにというかすかな声は聞こえた気がしたが。
 金は天下の回り物
飯田市はエス・バードだというが、これが第三次産業で飯田市が宣言したという。まあ、記者の話だが、こんな話はどうでもよい。牧野市長の後ろの人物等が計画した事業であるし、彼らだけのもうけ話ではないか。モリカケ問題と全く一緒だから、森加計と同じ結末を迎えるだろうが、モリカケとずいぶん違うところは、安倍前総理が後ろに居ないというだけだ。国が飯田市の生末を案じるのにのん気なものだが、国が飯田市を無くさなくても済むありがたい不正だと私は考えている。
さて、金は天下の回り物だとの話に入るが、まさに、金を回さない者たちが、牧野と佐藤の後ろに居ることに気づいていただきたい。経済効果がなんだかんだと言いながら、二人の後ろに居る不届きな奴らが儲かるだけだ。その金がまだ回ればよいが、彼らはそれをタンスにしまい、こぼれ落ちた金を株相場で溶かしているらしい。
 消費税を下げろの空論
経済効果との飾り文句で動く人たちは、それらの効果で何を期待しているのだろうか? 私はそれより、飯田荘の設計料が6千万円であったことが気になる。鈴木設計事務所が落札した金額は2千4百万円程度だからして、3千6百万円が消えていることになるが、その金が、どちらかの候補者に流れていると私は見ている。これこそが、私が個人的に暴きたい金の流れであって、市長になれば職員に、「引き算してください」と言えることになる。
またこれも消費税の話と離れてしまったが、消費税を下げるのに雄たけびは不要である。やることはいくつかあるが、月一行く家族の外食を二度にし、買い物を二つ買えばよいだけだ。これはマニュフェストでなく、掛け算の世界である。  
  
     底辺を支えるもの
 第二次第三次産業を支えているものは、一番給料が安い若者たちである。経済効果とは、この若者たちが潤うことではないかと考える。遊びたいのは若者だけではないが、遊びたくても遊べないのが若者たちだ。彼らが金を使わなくては、金が回らないのが分からないのだろうか。安い給料で生活の基盤をつくらなければならない時がきっと来る。たしかに、賢明な若者はそこに気づいているだろうが、だからと言って遊びたくないわけではないだろう。若者たちが一番下で支え、成熟した大人がそれを土台として産業の基盤をつくりあげる。それが二次三次産業だ。だからこそ継続できるに、経済効果の恩恵を受けるのが欲の深い老人たちだとすれば、あなたらは先が短いのにまだ金が欲しいのか!?と、どうしても思ってしまう。だから言う、「数百万取っている、一番仕事をしない社長さん役員さん。あなたたちは数十万を残し、全従業員に、たった1万円の夢手当を与えていただきたい」それをしていただけるなら、私は二次三次産業の経済効果を高々と打ち上げます。
 農林業の底辺を支える者は、特に農業の底辺を守り続けているのが老人である。それら老人の力が尽きるのを見かね、幾人かの若者は手を差し伸べようとするが、知識も経験もない。そこに金を回すべきじゃないか。遊ぶことさえ考えずに、そこに新たな生きがいを求めてこられる人たちに、遊べるまでの金を与えることが出来れば、農業は立派に基幹産業になる。  
  
     月1万円の夢手当
 月一行く家族の楽しみ外食に、1万円で足りるだろうか? 飲みに出るのには1万円で十分である。彼女とのデートであれば、二人で2万円は使いきれないだろう。スマホであればお釣りがくるかも、ジーンズは買える、かな。化粧品だってファッションだって、そう、若者は金の使い方を知っている。ま、そこから先のことは、「頑張るんでボーナスをたくさんください」と、お願いすればよい。   
   
    政策の実現に! 夢が実現できる希望をもとう
安心できる大地に私たちは住みたい。そして、夢を抱き、それが実現できる希望を持とう!
希望が持てるためには現実的な政策が必要だ。その一つは確かに基幹産業の継続があるが、それらを担う若者に安心を与えるにはどうしたらよいのだろうか。ここはマニュフェストや公約や夢でもなく、目に見える何かが必要だ。
 誰もが言うが 誰も出来ないのか?
安心とは心が落ち着くところにあるからして、そのまず第一は、「万が一」であろう。万が一は命である。自分の命が第一だと考えているのは若いころ、それは両親が“私”を守っていてくれるという安心感があるからだ。若者もいつかは家庭を持ち、子供にその安心感を与えたいと願う。しかし、突然にくる病には、たとえ深い愛情でもそこに当たれない怖さがある。だから、そこに一番必要なものが「医療」だと見えてくる。
飯田市が抱える医療の問題は何かあるのだろうか。私は何もないように見えるが、住民は何が気にかかるのだろうか。コロナが今一番の危機だということは間違いないが、そこと医療を結び付けようとすることはない。コロナを怖く感じるのは、私であっても誰であっても同じことだ。
牧野市長にコロナ対策で多くの批判が上がったと聞くが、そこに何の問題があろう。牧野市長でも安倍総理であっても、コロナの怖さは私たちと全く同じである。初動対応がまずかったと聞くが、それは単に、「湯ーみん」と広報しなかったことにある。それさえすれば、まず、当日利用した人たちが保健所に駆け込むことが出来たはずだ。そこは責められて当然であるが、一番ダメなところは、「責任を取ります」の一言が無かったことにある。行政の長だからして、たとえ忖度職員に従ったにしても、けじめをつけるべきではなかったのか。風評被害を受けた市民がいる限り、責任を取らずして、再度市長になりたいなどと、そんなことが出来る者が居るとしたら、違うところに行っていただきたい。
 市立病院に口出しするな
牧野光朗候補に言いたいことが出てしまった。コロナの初動に批判が出たが、それを受け流したことはあえて言わないでおこう。だがしかし、選挙活動において「市立病院の改革を行った」と聞こえるような言葉があった。それはないだろう!!責任を取らない者が改革を行えるはずがないし、市立病院には院長という最高責任者が居る。それこそ越権行為ではないか。かりに、その通り院長に進言して実現できたとしても、責任を取っていない者が口にしてはいけない。この男、何を勘違いしているのであろうか。   
   
 O                                  T
  リニア中央新幹線は南信州に来るのです。14市町村で考えましょう。  
ユーチューブで、リニアグランドデザインについて発信しました。ぜひご覧ください。
 https://youtu.be/y1BJ1Zf6TD8  
  
     市立病院の役割
 市立病院でも飯田病院でも個人病院でも、南信州住民の医療機関であって、どこでも誰でも同じに扱っていることを、当然と見る方に問題がある。当然とするのは医療側でのこと、そこに改革など何もない。一度でも入院をされた方やその家族であれば、感謝以外の言葉は生まれてこない。だからして、それら医療側に何か改良すべき点が一つでもあったならば、それを早急に進めることが行政の義務でもあり絶対に行わなければいけない。
市立病院は、「急性期病院」であることをご存じか? いついかなる時でも医療に当たれる体制を維持している病院ということであるが、その担いが責務であるということだ。セカンドオピニオンが行えないところに、市立病院の苦しさがあることを知っていただきたい。何がどうこうとではないが、医療従事者が、少しでも働きやすい環境を整えることに注視すれば、住民は安心するのです。
 追伸、あまり書きたくはないが、最高責任者が、牧野市長や佐藤前副市長のように責任を取らない人たちであれば、それは私の役目である。  
  
    介護は恩返し
 終活という言葉を私は知らない。聞こえても心には届かない。私も人並みに介護を経験した。そう、もう過去の話になりました。倒れた父の介護を母一人で四年も続けるに、その母も難病で倒れてしまった。今でもつらいのは、私がもっと介護に手を出せれれば、母は……
後悔していても何の意味もない。私以上につらい思いをする方がたくさんいることを知り、これらをなくせるようなことを考えなければならないと思う。
 最後に出来た事
父親がベットに臥せるに、一番よいところは何処かと思った。幸いに、日本で一番早く日の出をむかえる我が家は、その場所はどこでも同じでありました。私は父親に認めてもらいたかった。ほめてもらいたかった。ずうっとそう思っていたのに…… そう思えば、父親が一番安心する、私の姿を見てもらえれば良いのに気づいた。家の前の田んぼで働く私の姿を見てもらえれば、それがいちばん喜んでもらえると思った。だから、青空が見える田んぼが見渡せる、そんな場所にベットを置きました。  
  
    ユーチューブで、「人とは」「社会の仕組み」ついて発信しました。ぜひご覧ください。
  
https://youtu.be/sTZoSU-PQO0  
  
     割り算で救えること
 誰もが思っている。世話になった介護してくれた方に、どう感謝が伝えられるのかと
割り算で扱うなど不謹慎であると思われる方、介護の問題を真剣に考えられている方、介護の真っただ中におられる方々に割り算で救えるかもしれない可能性を考えてみました。
 何が問題なのか
介護を受けられる側にとって、一番の悩みはなんでしょうか? それはおそらく、介護保険ではないでしょうか。介護保険はありがたく、家計に影響しない国の政策ですが、平等性においての制約があります。ヘルパーを長時間お願いしたくても、それは叶わない。デイサービスでも介護者の手が足りていない。ショートステイなどと言えば、行きたくないと親が言う。これらが家族側の問題でしょう。
介護者側からの視点に立てば、重労働であるのに賃金が釣り合わない。男性でも力がいるに、女性であれば二人がかりとなる。ヘルパーには時間制限があり、家族関係においても細かな制約がある。
国の問題点は何であろう? 老々介護の問題まで出るに、一番の問題は国が自らつくり替えた。速い話が年金破綻の付けが回ってきたことにある。年金破綻の危惧が叫ばれているが、騙されるではない。年金破綻は起きた、過去の話だということを忘れるな。年金を、官僚の奴らが食い物にしたではないか。政府はそこに何も触れようとしてこなかった。それは、官僚が国を動かしている現実に、それを失敗だとすることは、国の先行きを危うくするという、それも官僚の言い訳である。ここで今更追求したとして何になろうか、であるからしてやめておくが、実は、ここがキーポイントなのだ。年金破綻は国が起こした。その付けが介護保険制度というとんでもない制度を作り上げた。と見なければいけない。だからして、介護の問題は堂々と国に突き付けられるのだ。
 計画性を持て
国から金を引き出すに、対策手当などと、過去に絆創膏を貼っても意味はない。せっかくできたかさぶたを壊してしまう。それより気づいていただきたいのは、「医療」と「介護」を分けたのも国だということと、その理由も年金破綻にあるということです。このようなことを誰も口にできない。そして口に出すこともしない。なぜ言わないのでしょう? なぜ言えないのでしょう? 答えはすごく簡単なこと、日本の真ん中で、一番安心なところに住んでいる私たちが、飯田下伊那の住民が声を上げないからです。飯田市といい、阿智村といい、行政の不正がいっぱいあるのに、それを当たり前としている飯田下伊那の住民のせいなのです。
 介護は負ではない
割り算で当たれというのは、感情で判断しないことにある。まず、介護者負担を先に計算すれば、÷2 ということになろう。負担を半分にすればよいのだ。給料を変えずに就業時間を半分にすれば、一日4時間、たったそれだけで済む。人手が半分になれば、雇用が増えるではないか。
ヘルパーの問題は、各家庭環境と状況・状態にある壁だ。家族がやすんでいても畑にでても、家に居れば、ヘルパーは食事の用意をすることが出来ない。このようなつまらぬものが、介護保険で詳細に決められているという。これではヘルパーが働けない。これを解消するには簡単なことではないか。それこそ議員の仕事だ。飯田下伊那共通の条例を制定することだ。飯田下伊那共通の、新しい介護制度を独自でつくればよいではないか。
医療機関でのヘルパーは看護師の経験者が多いと聞くが、第一線から退いてもその仕事にかかわりたいとするは頭が下がる。なにか考えてあげたいとしても、看護師の大変さを知っている方たちであるからして、そこは甘えさせていただきたい。ただし、「夢手当」は当然にありますよ。  
  
     子育て
 最後にこのテーマを置いたのには、「子育て」そこに一番夢があるからです。両親は、子供に夢を与えたいと思う 希望を持ってほしいと願う
わたしは おばあちゃんが一番好きだ おばあちゃんのにおいが好きだ 妻も、孫がいればおばあちゃんになれる 姑でも母親でも 同じおばあちゃんだ
子供が出来た時点でおばあちゃんと同居すればよい。一時的でなければおばあちゃんも疲れてしまうからたまにでもよい とにかく子供にはおばあちゃんが必要だ おばあちゃんがいない家庭もあるが、お隣のおばあちゃんでもどこのおばあちゃんでも、南信州にはいっぱいおばあちゃんが居る
私はおばあちゃん子であった なせば成るもおばあちゃんからおそわった 子どもをかわいがってくれるのは おばあちゃんと、その次がおじいちゃん      
   
     しあわせだなあ~ 僕は君といる時が一番幸せなんだ 💛
    15の時、
この歌で愛をしりました

 「希望」 希望という名のあなたをたずねて
   18の時、この歌はなぜさみしく聞こえるのかに気づきました   
   
   「旅人よ」 ♪ 君よ~夢をこころに~若き旅人よ ♬
   21の時、この歌で夢をもちました   
  
 私は青い色が好きだ 青い空を見上げればそれは誰でも好きになる 初めての経験で 今またあたらしい夢を与えていただいたみなさまに感謝いたします 誰でも旅人ですが 旅のともだちが夢である限り それは永遠とつづいていくでしょう
 

WyVMN1W6Tves4NUkaXwh_14飯田市 きづかない疑問と隠された疑惑

1920px-Diet_of_Japan_Kokkai_2009国の選択

コメント

    • 2020年 10月 09日

    市長選 頑張ってください!

    市民の医療を守るためにも、この選挙で真相を明らかにしてください。

    2016年9月5日 飯田市立病院の外科後期研修医が飲酒運転で事故を起こし逮捕されるという事件がありました。
    飲酒運転を行った彼を擁護するわけではありませんが、尋常ならぬ違法労働の末、当時の病院長、現病院長、現外科部長が列席する院内の彼の送別酒宴の末の事件であることが隠蔽されました。

    事故を起こした彼は、2015年10月から外科の後期研修医として働いていますが、最年少でもあり、またやる気旺盛な若手医師で、多くの手術に参加し研鑽を積んでいました。決して飲酒後に運転をするような人間ではありませんでした。

    事故を起こした前の1週間もほとんど家に帰っていない状況で特に、9月2日金曜日の夜は救急当番でほぼ不眠不休で働き、3日土曜日午前回診、午後緊急手術、4日日曜日 日中回診、夕方から翌朝まで緊急手術、5日月曜日 午前回診 午後引継ぎのための情報提供作成、そして午後6時からの酒宴。22時ころまで現外科部長などから酒を注がれ、トイレに行った際、廊下で寝込んでしまう状態でした。

     その後、彼は妻に迎えの電話をし、医局のソファーで寝込んでしまい、酒宴は解散されました。妻が迎えで病院に到着した横を彼は自分の車を運転しすれ違い事故に至ったのです。ほぼ3日間不眠で働き、酒を飲まされていたのです。
     彼の勤務は9月5日までで、翌日からは遅い夏休みになっており、有給休暇の未消化もあり飯田市立病院の勤務はこの日までの予定でした。そしてその後は大学に戻り更なる研鑽を積む予定でした。
     2016年7月以降、彼の顔から笑顔は消えていました。

     彼は地獄のような過酷な病院から逃げ出したかったのだと思います。
     
     病院と飯田市は彼だけに責任を着せ知らぬ顔です。彼が異常な労働をこなしていたことを裁判所に陳情しましたが、飯田市が用意した弁護士にもみ消されました。
     とても悲しい話です。彼の勤務状態を調べればその異常さに驚くと思います。
     おそらく勤務表は廃棄されていると思います。手術記録にその実態は残されています。熊谷君 お願いします。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 09日

      事故は知っておりましたが、大変驚きました。責任を取るべき者がとらなければ社会は崩壊してしまいます。
      飯田市長副市長が責任を取らないのですから、病院長等もその程度の人間なのでしょう。
      その様な者を相手しないでください。
      彼は、自己責任をきちんと取り、社会的責任を果たしたのですから、立派な若者です。
      その様なことが出来る人は、なかなかおりません。
      課題を与えてくれた彼に感謝いたします。

    • 応援します
    • 2020年 10月 09日

    ブログを以前から拝見していますが、市長選出馬をみて書かれている内容は、より一層本当だろうと確信しています。社会秩序が保たれる改革をお願いします。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 10日

      過去の書き出しは、すべて事実です。
      今ならまだ間に合います。
      行政のすべては平等性の担保です。

    • 抑止力
    • 2020年 10月 09日

    ずっと書きつづたブログ概ね拝見して来ましたそれにしても良く思い切った行動です。少しでも市政良くなるように此の立候補市民活かして欲しい

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 10日

      下伊那町村の見本となるべき飯田市です。
      飯田下伊那全体の明日を共に考えましょう。

    • 女性部 阿智
    • 2020年 10月 09日

    市長選への出馬ありがとうございます。地元、阿智村の不正も正していただきたいと皆思っています。頑張ってください。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 10日

      飯田市と阿智村は全く同じ状況に居ます。
      阿智村民も必ず気づいてくれると思います。

    • 飯田市民
    • 2020年 10月 09日

    子供達はリニアに夢しか持ってませんよ!
    あなたが考えているような事は一切無く速くてカッコイイリニアが飯田市を通り上郷に停まる。東京にも直ぐ行ける!負の意見なんて子供達にある訳が無い!
    個別施策1~6も理解はできるがそんな事に大切な1票は使えない

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 10日

      そうですね。子供たちはそのような夢を持ちますね。
      若者はどうでしょうか、速くて格好が良いとが夢なんでしょうか。
      理解していただきありがとうございます。
      大切な1票のために、私に足りないものは何でしょうか。

    • 奮闘
    • 2020年 10月 10日

    章さん折角問題提起してくれたので飯田市もより良い市にするためにブログ読み勉強しましょう

    • 決戦
    • 2020年 10月 10日

    明日から選挙選いや選挙戦ですコメント皆さん分かっているので一気に優しく成りました笑い 選挙終わった後動きあるかも知れませんね。

    • 市民代表
    • 2020年 10月 11日

    選挙戦が始まりました。私の一家は全員牧野さん支持ですが、熊谷さんが出ることに意義があるのではなく、出て真実を知らせて戦おうとするなら熊谷さんに投票します。

    新聞社の取材に対しても、マニュフェストなどどうでもよいので、正副市長らの不正の告発一本に絞って訴えてほしかった。

    不正を訴えることによって覚醒する市民が増え、今後の市政の刷新につながるのです。

    正副市長らが上級国民上級市民であっても犯罪者ならば刑務所へ送りましょう。

    どうか勇気をもって期待に応えてくださいね。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 11日

      私は市長に立候補しました。私が考える市長の姿を市民に伝えたいと思いました。それには政策が必要で、彼らより優れた政策だと市民が認めてくれなくては市長になれません。
      しかるに、私はあくまでも不正は間違いとして修正できるとの考えであって、この四年間それらの行動を行政法という法律の下に行ってきました。
      行政であれば行政法でしか当たれないは国が決めていることで、不正を犯罪とするには、それは警察が刑事訴訟法に基づき行うことであります。
      私が市長になっても間違いとしてでしか当たれませんし、間違いであれば修正するだけで済みます。
      間違いは国のお金に間違いがあるということですので、それらのお金は国に返さなくてはなりません。
      その金を返すには、それらの間違いを起こした者に、飯田市が請求するということになります。
      それらのお金がそれらの間違いを起こした者が返すとか返さないとかは何も関係がなく、事務的にそれらの者を被告として民事提訴するまでのことです。同時に、警察に対しても、告訴するのが行政のやれることです。
      告訴は検察庁に挙げますので、検察庁は刑事起訴を前提として逮捕するだけのことです。
      行政に関する不正の取り扱いです。
      不正は悪いことですが、間違いとして済む場合も多くあります。犯罪者をつくり出すのではなく、まず、その間違いを指摘することが大切なことです。

    • 言いにくい事
    • 2020年 10月 11日

    章さん本来なら声上げなければ行けないこと確り書いてくれ感謝しています。声上げた事市としても大きな一歩。まあ

    • 選挙通
    • 2020年 10月 11日

    選挙はお祭りではありません 市長も、前副市長も市政良く振り返って次期の抱負語っていただきたいものです、

    • 書きたいが、
    • 2020年 10月 11日

    書きたいことは多々あるが何処まで書いて良いか余り誉める事は出来ないので妨害に問われそうで、此の程度しか書けない根性無しの野郎です。まあブログ読んで貰えば。

    • 市民代表
    • 2020年 10月 11日

    熊谷さん

    私はあの膨大な量のブログを読んで解読して飯田市の不正を知ったのです。
    これを正すために、市民に知らせるために立候補したと思っていたのですが、本気で市長になる気なんですね。
    佐藤氏はともかく牧野氏のマニュフェストには大きく及びません。
    戦は勝たねばいけないのです。熊谷さんが勝つという事は市長になる事ではありません。
    選挙戦で市民に真実を知らしめることを持って勝利となすのです。

    だいぶ弱気になられていて多少がっかりです。
    側近に優秀で知的な参謀・戦略家が必要ですね。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 12日

      膨大な量を読まれた割には理解力がもう少しです。
      知っていただけたならそれで充分です。
      不正を正すことなど私にはできませんし、飯田市民でもありません。
      不正を正したいと思われるのなら、警察に告発していただきたいです。それが国民の義務です。それをやらずして、誰かに代わりにやってもらうなどと思わないことです。それが自己責任です。
      市長は不正にならないよう努めることと、万が一でも間違いとして当たることだと思います。堅苦しく言えば、行政法でしか当たれないということです。
      マニュフェスト? 私は「政策には夢が必要」と言っていますので、どちらかといえば公約のほうですね。
      私には行政の経験がありませんのでどうしても抽象的な公約になってしまいますが、実行できないマニュフェストより十分良いと考えております。
      選挙戦を行っていませんので、戦いに勝つなどとの考えは毛頭ありません。
      失礼なことを言わないでくださいね、私は市長になるために立候補したのです。

    • 市民代表
    • 2020年 10月 11日

    出馬記者会見半分まで見させていただきました。

    熊谷さんの友人、家族、親族でどなたか出馬を止める人はいなかったのですかね。

    ま、言われて聞く耳を持つ方ではないことも理解できます。ご自分の世界を持っておられて幸せですね。

    選挙、健闘を祈ります。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 12日

      友人……林業科の同級生はかけがえのない友人です。ですから、市長になるとの思いは伝えました。
      家族……息子「すごいじゃん」妻「あれ?村長じゃなかったの」娘「お父さん。話の途中で深呼吸を一度することを忘れないでね」でした。
      親戚……妻の兄弟と息子の嫁(両親)しかいませんが、「やると思ってたけど、村長市長?」「お父さんが立派な人だったから章文さんも立派だよ」「ブログを読みました。頑張ってください」でした。
       追伸 持つべきものは友
      報道の方から「選挙活動しなくてもポスターくらいは貼らないと市民に対して…」と言われましたが、一人では貼りようがないのでと思いましたが、平谷村の西川議員(同級生)から、「ポスター貼らなきゃ出てるだか誰だか分からんからなー、俺らが貼るで心配すんなよ。議員でもポスター貼りは関係ないって選管に電話して聞いたでよー」そう言って、林業科から9名と、吉川議員から小学校の同級生、仕事関係で長野市から駆けつけてくれた二人、友人らで、一地域を残して昨日貼ってくれました。

    • 想定外
    • 2020年 10月 12日

    章君が市長選に出るとは岡庭将軍も予知しない事態阿智村の信じられない事柄此で済んだ訳では無く此れからです。それにしても丘の上もちょっと

    • 市民代表
    • 2020年 10月 12日

    熊谷さん

    市長選頑張って当選してください。

    ご家庭も友人関係も良好のようで、お幸せそうで結構ですね。

    阿智村の件も頑張ってくださいね。

    万が一落選しても、名刺に2020年飯田市長選に出馬惜しくも落選とは書かないでくださいね。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 12日

      ありがとうございます。
      問答で、書けないことを引き出していただきありがとうございました。
      流石長く読まれていたと、感謝いたします。
       追伸
      ユーチューブで半分見られましたら、ぜひあとの半分をご覧ください。
      あなたの疑問は、その後半がすべてです。あと一時間、ご覧ください。

    • マッチレースに爆弾
    • 2020年 10月 12日

    市長選マッチレースと思っていたが此処に来て滑り込みセーフで第三の男出現良くポスター間に合い張れましたね当地区意外に章氏のポスター速く張られビックリしました ブログ大量でコメント読んだら大量の問題点噴出していてビックリしました。

    • 市民代表
    • 2020年 10月 12日

    熊谷さん

    後半も視聴させてもらいました。

    まずブログですが、言いたいことは判るのですが、設計屋や土建屋には判るでしょうが一般市民には判りません。

    文章の分量が多すぎるのと文章が下手だからです。もっと言いたいことを簡潔に筋道立てて誰にでもわかるように書かねば読んでもらえません。

    誰が何処で何を何故どのように、と主語熟語をはっきりさせて書いてください。どなたか国語能力のある方に見ていただいてからブログに上げた方が良いです。
    記者会見の映像をもう一度ご自身で確認してください。記者さんたちの質問をもう一度確認してください。実に鋭く当然の質問をされています。

    対するあなたの答えが行き当たりばったりなのです。犯罪者たちがってブログで書いてるじゃないですか。

    記者さんたちの熊谷さんに対する場の空気を読んで察してください。恥ずかしいです。

    期待を込めて視聴しても、あなたの支離滅裂で思考能力のなさに支持をあきらめてしまうのです。

    この人に市政は任せられないと。私も支持しません、ビデオ見て止めました。

    どうしたら良かったのかといいますと、記者の指摘通り市の不正に絞って訴えるべきなのです。

    市長になったら不正も正したいって、市長になんてなれませんよ。そんな器ではない。

    選挙は戦いではないとか。このあたりでもう皆苦笑いです。

    供託金も払っていることだし、もう少し利口になってください。

    給料15万でスカイライン数台なんて喋ってはいけません。あまりに無防備です。

    農業や林業は関係者にとっては大事でしょうが、一般市民にとってはどうでもよいことなのです。

    リニアはJR東海の単独事業で、国が飯田に駅を、それも首都機能移転の目的で造るのではありません。思っても言ってはいけません、ノスタルジーとか幼稚です。

    人口減少、原発2基分の電力、トンネル内事故への対応、自然破壊等問題が多くて反対意見も多いのです。

    寄って話せば理解させられる問題ではありません。

    youtubeを見て99%の人は不支持でしょう。視野も狭いし生きておられる世界や人脈も狭いですね。

    より知性のある方たちに接して恥をかいてください。自分を知ってそこから成長できます。

    ビデオを見てくれと得意になっているようでは、出るのはため息ばかりです。

    頭にくるかもしれませんが、正直に指摘してくれる人は大切ですよ。

    選挙に出たんだから有権者に一応あいさつに全市内を一回は選挙カーで回った方が良いですよ。

    市民の税金使って選挙してるんです。あなたは飯田市民ではないし個人の市民税払ってないでしょ。

    今後の参考にしてください。 もう書きません。

    68歳ですから何を言っても人の意見は聞けないでしょうし、真の友人も居ないのでしょうね。

    真の友人や家族なら出馬を止めますよ。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 13日

      やりました。もうコメントしないがしていただけました。
      人それぞれが大切なことなのですね。それぞれの人がそれぞれの考えや意見があるのが世の中です。ですが、社会には常識があり、また、それらの常識も人それぞれです。ここまでは理解していただけますよね。
      ですが、常識の共有が出来るのであれば、間違いは許せるのではないでしょうか。どうしても許せないというのであるならば、それはただ悲しいことです。
      行政はそれぞれの考え方のある住民に、いかに平等にサービスできるのかが基本です。それ以上もそれ以下もありませんし、行政に、不正に対する条項はありません。
      不正だとか、それを正せなどとかと悲しいことを言わないでください。かりに、市長という立場であったにしても、建設業者の社長であったにしても、そして職員であったにしても、誰かのためにそのようなことをしたのかもしれません。
      そのことを個人的であれば、せめても正しても構いませんが、市長を目指す者として、そこを口にして立候補するのであれば、私は今でありません。「対あなた」記者会見で思わず出てしまった言葉ですが、わたしは、「対あなた」であり続けたいです。

       私は住民として飯田市に税金を納めてはいませんが、固定資産税であれば、息子の土地会社の土地建物、を納めております。税金は飯田市に収めるものではなく、県市民税だという通知をご覧ください。
      飯田市で用意された選挙資金は、一人、9,786,300円でありました。わたしが遠慮なく使わせていただいたお金はポスター(450枚)費用の、290,700円だけであります。
      今は人の意見は聞けませんが、市長になりましたら、真っ先にあなたの意見が聞きたいです。真の友人? 同級生は当然だけど、このブログを通してだとか、仕事で知り合った多くの方がおられます。誰が真などとは考えたことがありませんが、やはり、家族のことを言われますとつらいです。

        • 市民代表
        • 2020年 10月 14日

        私たち市民は住民税を払います。これは市町村税と長野県の場合は県民税の合計です。県市民税など聞いたことがありません。

        熊谷さんは阿智村の住民ですから市民税は払っていません。法人としては払っていると思ったのであえて個人としてと断って書いたのです。

        市長選は法人ではなく個人の出馬ですから、あなたには市民税から選挙費用が支払われているのです。

        ですから直接市民に挨拶したらどうですかと書いたのです。

        今は阿智村の話題などどうでもよいので、今後は阿智村村会議員にまずはなられて政治と選挙のやり方を学んでくださることを希望します。

        人柄は良さそうだし、正直で正義感もある方のようですが、いかにも世間知らずのいなかっぺなんですよ。良き優秀な参謀に巡り合うことが大切です。

        選挙応援はしてますので頑張ってください。パソコンのお子守をするよりも外へ出て市民に主張を訴えるべきです。

          • 市民代表
          • 2020年 10月 14日

          今日の新聞チラシの広報読みました。

          当選したらやると記者会見で言っていたのに他人に言われて翻す。

          感情のままに書き、その時の感情で言ってはいけません。

          私が誰だかはっきり書いていただいて構いません。

          住所も書いていただいて構いません。

          貴方が当選したらこの場で名前と住所を書きます。

          約束します!!

          (同級生ではありません。お会おいしたこともありません。下濃OBではありません。阿智村在住でもありまん。設計建築及び土建関係でもありません)

          お会いしたいので選挙頑張って当選してください。当選したら話したいと言って下さって感激しているんです。

          きっと話せばよい友人になれます。リニアの駅の件で、熊谷さんの発言に付随して10年来のすごいアイデアがあるのです。

          しかし選挙終わるまでもうコメントしません。

            • 熊谷章文
            • 2020年 10月 14日

            友人になれますね。
            選挙というのは不思議なもので、言いたいことがあっても言えなくなってしまいます。
            それは感情やその場しのぎではなく、言ってはいけないことがあるのです。
            社会には法律がありますが、それらはけして常識では通用しません。
            身を守る必要が無くても、守らなければ他の人に迷惑をかけるのです。
            自分で正しいと考えたことは一度もありませんが、最小限、出来ることはやってきました。
            リニアに対してすごいアイデアがあるとのこと、もうワクワクしてきました。
            今夜、ユーチューブでリニアの考え方を情報発信しますので、絶対見てください。そして、私の思いを受け止めてください。

    • 飯田市民20代の男
    • 2020年 10月 13日

    選挙戦が始まり、興味を持って拝見させていただきましたが、残念ながら支持できません。

    不正にだけついて語るならそれだけでもワンイシューとしての指示は広がるかもしれませんが。
    それ以外の政策提言を動画で拝見したところ、林業に関しても農業に関しても場当たり的すぎて将来の飯田像に希望が持てませんでした。

    熊谷候補の考えを否定することはありませんが、我々若者がこれからの将来を語る場があるとして、プロフィールに嫌いなものが「人」と明記されるような方とは、できればご一緒したくないですね。

    阿智村も朝晩の冷え込みが激しくなってきているとご推察いたしますが、お身体ご自愛いただきまして、最後までご検討をお祈りいたします。
    駄文大変失礼いたしました。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 13日

      不正について何を語るのでしょうか?
      ならば、私は両候補を今まで不正の当事者だと決めつけ、四年以上も公開してきています。
      彼らにとっては、私が一番の悪者でしょう。
      仮にも現職の市長副市長を犯罪者だと決めつけたのですからね、飯田市民であれば、あなただって私を訴えなければなりませんよ。

    • 一市民
    • 2020年 10月 13日

    上の20代の方の指摘は残念ながら否定できないですね。
    私は還暦過ぎですが、今回市長選は熊谷さんを支持するつもりです。他2氏にハートが感じられないからです。熊谷さんの言葉を借りれば夢をかんじられない、ということになります。まず、人相に悪が現れている。顔は脳みそを反映しますから、長年の蓄積がそこに見て取れます。
    今の世の中、悪いことをすれば儲かるおかしな構図が成立しています。夢を語り、良いことをすれば儲かる世の中に向かわせる人が居なければなりません。もっと言えば儲かるために何かをするという価値観を忘れ、みんなのためになることを目指して互いに救われるというのが理想かもしめません。
    選挙戦では、YouTubeで、飯田の不正をフリップに書いてわかりやすく提示して市民の目を覚ますことに取り組む必要があると思います。短期間でまにあわないかもしれませんが、濁った池に一石を投じて波紋を大きく立たせて下さい。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 13日

      市民の目は、できれば覚まさないほうが良いのです。
      選挙で持って堂々と主張されている方々です。
      わたしは、彼らの主張を認めないだけのことです。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 13日

      単純に返信してすみませんでした。
      市民の目を覚まさない方が良いとの考えは、二人はマニュフェストを示して明確に戦っていますが、私は単純に、実行できないことを口にするより、市民と一緒でなければ成し得ないとの思いからの政策でありますので、公約の類に成ります。その様な対比で市民に判断していただきたいという思いからです。そこに、不正などはとても持ち込めません。

    • 風穴
    • 2020年 10月 13日

    まあ今迄師と係争して来た章さんの心行きご苦労様です中々出馬迄は出来ません 少しでも市役所に風穴開けたんでは。

    • 新風
    • 2020年 10月 13日

    さすがに飯田市コメントも理路整然としています政権公約はあくまでも理想です現職元副村長と比し熊谷候補は市の問題点指摘したのであってその勇気を称えないと行けないし感謝しないと。

    • 熊谷章文
    • 2020年 10月 13日

    返信が遅くなって申し訳ありません。
    ありがとうございます。とてもうれしいです。
    同じ夢を共有できれば、希望も共有できます。そうなれば、「為せば成る」ですね。

    • 盛上り
    • 2020年 10月 13日

    いよいよ後半戦に突入ですかなりの投票率期待出来そうです 熊谷章文さんの立候補を、良い方向に活かしたいものです。

    • 小市民
    • 2020年 10月 14日

    30代男です。支持します。

    消防団に所属していますが、団員の減少、勧誘の難しさに悩んでいます。

    消防団についてどうお考えでしょうか?

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 14日

      大市民のあなたへ
      私は19歳で消防団員になりました。楽しかったですね。浪トタンで焼き肉して亜鉛で吐いたことや、一軒一軒回る防火査察も責任を感じました。住民を守る感覚が養えたことが最大の魅力かな。23歳で結婚し、大瀬木で家庭を持ちましたが、やはり、人手が足りないということで、住所は大瀬木でも、園原まで通って団員を務めました。
      ある日、大瀬木の自宅に飯田市消防団の方が見えられ、「団員年齢に達していますので、5千円の協力費をお願いします」と言われ、何年か支払ったような覚えがあります。性格的に矛盾を感じました、「私は阿智で消防団活動をしているのに、なぜこの金を払わなくてはいけないんですか?」私の父は消防団長の経験がありましたので、それらの矛盾を話しましたら、「伊賀良のお付き合いはお付き合い、ここがお前の家だ」
      31歳の時、熊谷時雄が第6分団長になりました。「お前は阿智村消防団に籍がない。保険も掛けられてないし慰労金も出ない。でも、あと二年間続けて俺を助けてくれないか」と、言われました。
      そういえば、私にはすでに10年間在籍の表彰状があったが、あれは表彰状でなく退団証明なのだと、その時初めて気づきました。が、分団長にそのように懇願されれば、そこはかえって喜びでありました。今でも6分団は人手がなく、ほんの数人で地区の防災に努めています。
      飯田市に若者がそこまで居ないことがありませんので、何かが原因であると思います。やはり、経済効果ばかしの騒がしさが、大事なことを忘れさせてしまうのでしょう。
      「若者に金をやれ!」というのは、若者が金を使えば経済効果が上がるという理論的なことですが、若者もいつか家庭を持ちます。その家庭を守ろうとする気持ちは自然に生まれ、遊びに使える金が出来れば余裕が生まれます。そうなれば、家庭の住処を守れる消防団の意義が、身にしみてわかる時が必ず来ます。それは理屈ではなく、希望から生まれる安心感です。

    • 熊谷章文
    • 2020年 10月 14日

    阿智の匿名さん
    やっと昔の勇気ある君に戻りましたね。よかったです。
    「我々を泥船に乗せるのか!」と、岡庭一雄村長にかみついた君は、平成の大合併を勝手に決めつける首長に違和感を抱いたのだと思いました。
    あのとき、私にもそんな勇気はありませんでした。
    そんな君が悩んでいるのは生活苦だと思います。でも、それは皆さん共通の悩みです。
    世の中はお金ではありません。お金が回るように工夫すれば、かならず生活に楽しみが出てくると思います。
    共有できる出来ないも、共有できる部分が一つあれば十分です。
    もめごとを無くすには、隠さないことです。
    責任者が責任を取らない世の中になってしまいました。
    責任者が立場を口にする不思議な現象が起きています。
    誰のための責任者なのかと、君は口にした。それがある限り、君には必ずよりよい明日がくると信じています。

    • 論客揃い
    • 2020年 10月 14日

    流石阿智村の投稿とはレベル違い論客揃いで投稿躊躇しました。章さんは他の二人と比べ行政経験は無いのでちょっとハードル高いんだが市の状況見て手を挙げてくれたと思います。まあブログ余りに大量でビックリ最近のをちょっと拝見しただけですが此の様な事誰も教えてくれないのでビックリしました。市政に一石を投じてくれて感謝します

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 14日

      あなたのコメントを通じて謝罪とお願いをします。
      二つ下の市民代表のコメントと、あなたのコメントとの間に、二つのコメントをいただいたような気がします。
      そのコメントを操作ミスで削除してしまいました。
      お手間を取らせますが、自分だと思われる方がいらっしゃいましたら、もう一度コメント願います。

        • 市民代表
        • 2020年 10月 14日

        一つ目は熊谷さん自身の私への返答です。

        訳の分からないことをグダグダ書いた後で、私が誰だか見当がついている、同級生らしいという内容で、もうやめませんかと書いてましたね。

        二つ目はそれに対する私の返信で、今日の新聞折り込みの広報で他の候補の犯罪を取り上げていましたが、記者会見では市長になったらやるけれども選挙では指摘しないと言ってたのに翻すんですか?という私の質問でした。

        そして、熊谷さんが当選されたら私はお祝いに私の名前と住所をこのブログで公開しますから是非市長になってくださいねと書いたのです。市長になったら私と話したいと書いてましたが実に光栄です。
        私は同級生ではないし、下濃のOBでもなし、お会いしたこともないし設計屋でも建築家でも土建屋でもありませんと書きました。

        リニアの駅の発言に関してはその発想に実は驚いています。私も10年位温めたアイデアがあるんです。

        当選されたらお話ししますが、会えば案外気が合ってお友達になれると思うんですよ。

        選挙頑張ってくださいね。応援しています。阿智村、浪合、清内路、好きなんです。 あっちの共産党員の追求も頑張ってやっつけてやってください。最後に選挙中はもう投降しませんと書いたのでした。だんだん熊谷さんの事判ってきて、正直な方ですし、本気で市長をやってほしいななんて思いだしているんですよ。もし今回ダメなら4年後までに今から準備して夢をかなえませんか。協力しますよ。   

          • 熊谷章文
          • 2020年 10月 15日

          先に、飯田市の「選挙公報」についてですが、あの文書は確かに私が書きましたが、けして、不正とか犯罪だとかとは書いていません。
          あの二人が選挙に立候補するのは構いませんが、公人として責任を取っておりませので、そのままで市民の信を受けたとなれば、「民主主義における選挙制度が崩壊する」ことになります。
          あり得ない状況にあるのに市民が気づいてなく、また、マニュフェストと公約の区別もつかない市民が多く居る現実では、肩書や知名度を優先する報道機関の在り方自体に疑問を投げかけているのです。
          マニュフェストとは、本来、政治団体が用いる目標であって、「必ず実行します!」ということです。この8年間、何も実行できなかった市長と副市長が、今回もまたできない約束を政策とするのは、もはや“詐欺犯罪”です。
          このような法律を知らなくて、また、民主主義の何たるかの知識がない市民が、あまりにも無防備であるからして、やむなく飯田市の公報を利用させていただきました。
          この文書を選管に見せましたが、狼狽えたのは選挙管理委員長(後日知りましたが、選挙管理事務局長)だけでした。職員は、平然として淡々に、職務を遂行されておりました。
          その姿を見て改めて思いなおしたのは、職員はどなたも正常であり、市民へのサービスに力を注いでいるということでした。
          しかり、「選挙公報」は飯田市の発行であって、そこに責任を持つのは飯田市であります。
           追伸
          リニアグランドデザインを白紙に! という、ユーチューブをご覧いただけましたか。まだ、1本の線を引いただけです。それこそ、二本目の線は、あなたが引くべき権利があるでしょう。
           追伸の追伸
          共産党は政党だと宣言していただいたおかげで、阿智村は飯田市が正常化すれば、同じように前に進めます。そっちの方も、一緒にやりましょう。あなたが村会議員に立候補していただければ、阿智村民も立ち上がってくれます。

            • 市民代表
            • 2020年 10月 15日

            熊谷さん、すみませんが私は阿智村の住民ではないし、将来も住民になる予定は無いので村議にはなれません。あしからず。
            上清内路の脇本陣の原善兵衛氏宅の保存をライフワークでやりたいなと思っているんです。
            それと旧清内路街道の整備。実は南木曽の蘭地区の旧清内路街道と大平街道を調べていて、実地に歩きたいと思ってるんです。(藤村の夜明け前に、蘭川を超えるとすぐに街道の分岐点があると書いてますがそのまま残ってます)
            妻籠から馬籠への旧中山道のように誰でも歩ける歴史の道、清内路街道。松尾多勢子が京へ通った道、あの悲劇の天狗党の通った道。これこそ飯田下伊那最大の観光地になります。欧米の外国人が観光に来ますよ。

            という訳でして阿智村好きなんです。中馬街道も残ってますし。歴史のロマンです、阿智村は。

            選挙と無関係ですみません。

            • 熊谷章文
            • 2020年 10月 15日

            選挙運動していませんので、全然かまいませんよ。それどころか、歴史にロマンを感じられるなんて、失礼ですがその年齢(分かりませんが)ですごいですね。ロマンは言葉で説明できないですよね、知れば知るほどその先が知りたくなるのが歴史ですよね。その魅力に取りつかれると、ロマンを共有したいと言う思いがどうしてもあって、そこを話し出すと全部話したくなっちゃう。ようするに、私と同じく熱くなっちゃうんだ。何か共通点が有るのだと思いましたが、似た者同士なんだ。じゃあ、選挙は通過点として、その先を見ている私の気持ちも分かってもらえますよね。

    • 熊谷章文
    • 2020年 10月 14日

    それでは他の人に求めてください。

    • かぶちゃんに騙され
    • 2020年 10月 14日

    かぶちゃんの件は皆さんそう思っています先ずは謝罪して市長選に臨んで欲しかった。残念です

    • サブロク
    • 2020年 10月 15日

    選挙の公約は実現に向かって努力すると言う希望的観測です。やはり市長副市長時代の評価最優先だと思っています そうするとかぶちゃん問題避けて通れません2度と騙されない様に。、

    • 詐欺
    • 2020年 10月 16日

    やはりかぶちゃん関連の投稿ありますね市政の不正の前に此の件が一番の争点に成るべきで此の問題は非常に大きくジャパンライフで騙されたと同類です。広告塔に飯田市が成ってしまいました

    • 下部ちゃん
    • 2020年 10月 17日

    ジャパンライフかぶちゃんまあ一種のねずみ講やはりこんな単純犯罪に引っ掛かるとは危機感持って居ます。トップ目指す方々大丈夫ですか?

    • ハンディ
    • 2020年 10月 17日

    現職と元副市長に対して行政未経験の方の挑戦巴戦ですが政策論争は二人に対して未経験。まあ写真見る限り一番良い顔しているんじゃない?

    • 飯田
    • 2020年 10月 17日

    市長選 継続ではなく刷新を切に願う。

    • 2020年 10月 17日

    あと数時間で選挙活動も終わりをむかえますね。
    出馬を決めるまで、決めてからも悩み苦しんだ事も多々あったと思います。
    この先も夢の共有出来るように・・・
    お疲れ様でした。

    • 正夢
    • 2020年 10月 17日

    今回の市長選で誰が成ってもブログこんなに読んだ事なかったので新鮮でした。是非皆さん読んで見たら。誰が成っても指摘されない様に

    • 市民代表
    • 2020年 10月 17日

    継続よりも刷新をとか言う人は多いのですが、他の市町村の方たちに笑われないようにしたいものです。

    先の県議選でも南信の功労者であり議長まで務めた実力者をいともあっさりと落としてしまいました。

    長野市から出向で来られている方に笑われてしまいました。リニアもここまで詳細が決まり、やっと工事の段取りと駅周辺の見取り図ができた段階で功労者を追放する。飯田市民は怖いと言ってましたが、浅はかさを軽蔑笑っていました。考えられないと。

    こんなことをやっているからいつまでたっても北高南低なんです。

    この大切な時期に新人に替わるのは愚です。飯田市は浜松と接しているんだから、北の連中が文句言うなら浜松市飯田地区になるぞと脅してやればいいんですよ。山口村はこの手で岐阜県になりましたよ。静岡県にリニアの駅ができることになって水の問題なんて静岡県知事は黙りますよ。

    ま、明日には新市長が決まるわけで、決まれば協力していくべきですが、どちらが当選しても熊谷さん曰く犯罪者ですから、厳しく見守ることは大事ですね。

    熊谷さんには良い参謀を探していただいて4年後を期待しますし、何よりも地元の共産党員の不正を追求して決着をつけてほしいですね。

    飯田市がリニアの開業によって首都機能の一部を担えるように、思い切った発想を期待するんですが、頭の良い人に限って発想力がありません。

    賞金100万円で「未来の飯田市のアイデア」懸賞論文募集してくれたら応募するんですが、市長と語る会の体たらくを見るにつけ飯田市には小粒で人材がおりません。
    佐藤さんが理由はともかく地元に帰ってこられたように、教育にお金を掛けて東大に10人くらい受かる中高一貫校を造れば飯田は変わります。

    聞くところによると優秀な中学生は朝のバスで松本へ通うんだとか。もう飯田高校の時代は終わったのです。

    県立中高一貫校を諏訪清陵へもっていかれた県議の体たらく。市議時代の原勉が盛んに中高一貫校をと言っていたんだが・・。女子高を共学にして中高一貫校にし、東大クラスと甲子園クラスを追加して作れば10年に一度くらいは甲子園にもいけます。
    毎年期待させといて2回戦で全滅じゃ、飯田に住んでいるとこんな事にもストレス一杯です。

    若い人に期待しますんで何とかアイデア出してアッと驚く発想をしてください。

    熊谷さん、いろいろと参考になりまして楽しい一週間でした。ありがとうござました。今後に期待してます。

    私の愛する阿智村は赤く染まって洗脳されてますよ。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 18日

      昨日で終わりましたので、返信は考えておりませんでしたが、残念ながら、あなたとは友人に成れません。
      始めからあなたのお話をお聞きしますと、頭が良い人と成功者が飯田市には必要だ! 自分には良いアイデアが有るが言わないとか、自分の意見ばかしを発信しています。
      文才のない私を非難するのは構いませんが、「犯罪者は悪い事をしたのだから、あなたはその事実を知っているんだから記者会見で堂々と言うべきだ」とか、それが68歳の出来る事で、それしかあなたの役目は無いと決めつけられました。
      飯田市の選挙公報を見られ、それらの内容は犯罪者の告発だと勝手に判断され、では、「私のアイデアを話しますので、誰にも言わないでください。コメントを公開しないでください。」として、大切な私のコーナーに秘密を持てとまでされました。私はあなたの望みにおいて大切に保管しておりましたが、これから完全に消去します。歴史にはロマンが有ると言われたあなた、あなたは打算的で、利する考えが基になっておりますので、あなたにロマンを語る資格は有りません。
      私の政策を甘いと判断されるのは勝手ですが、「農林業などどうでも良い」は、さすがに許せません。
      気づいてください。あなたは、彼ら二人の裏にいる“魔物”の仲間ですよ。
      私は二人の政策や実行力に対して批判してきましたが、あの二人を犯罪者だとして見ておりません。あの二人が一番の被害者ではありませんか? 魔物に憑りつかれ、魔物の為に国の金を使ってしまった。それで罰を受けるのですが、魔物はけして無くなりません。今度は、あなたの様な利己主義の方に憑りつくでしょう。
      飯田市選挙委員会で全戸配布した選挙公報は、飯田市の責任で配布しており、私の意見ではありません。飯田市職員全員が、民主主義に気付いた自己責任として配布されたものです。
      私は市長に成ります。日本の宝である山林と社会の底辺にいる百姓を守るために

        • 市民代表
        • 2020年 10月 18日

        熊谷さん

        コメントは匿名ですからまともに受け答えしてはいけません。

        書く人は皆無責任なんです。もうちょっと冷静に利口になってください。

        貴方に何が欠けているのかをはっきり指摘してくれる人を見つけなさい。そして素直に言うことを聞きなさい。

        今のあなたはあまりに愚かですよ。市長になる前に阿智村村会議員か村長になって、まずはご自分の地元の不正に決着をつけてください。

        皆さん笑ってますよ。

        とりあえずゆっくり休んで敗因を究明して再出発してくださいね。お身体大切に、4年後を楽しみにしてます。

        今回は誠に残念でございました。

          • 熊谷章文
          • 2020年 10月 18日

          今寝ようと思いましたが、せっかくのコメントですのでご返事させていただきます。
          匿名であろうと実名で有ろうと、私のブログにコンタクトをいただければ、返事をさせていただきたいと思います。
          不思議なもので、応援していただける方や理解していただける方は、「こんな人だろうな」と想像してしまいます。
          逆に、攻撃コメントされる方にも、同じように返答を続けておりますと、案外と、自らボロが出てしまうようです。
          私しか知らない事を攻撃されれば、それは誰かと限定出来ました。
          だからして、しばらく前に実名を書き込んでおります。その実名が事実ですので、攻撃を止めないのです。
          それでも真摯に向き合って、間違いであることが伝わればと思い、ここまで返信してきましたが、残念ながら変わることが有りませんでした。
          ですから、「罰を受けるべきだ」と最後の返信をして、このコーナーでの匿名のコメントはすべて通信不可として自動削除しました。
          どうしても変わることのない悪人はいるようです。悪人は犯罪者ですので、警察にお願いします。
          一方通行の情報発信でも、多くの方に伝えるが出来ます。私は、これからも同じように発信していきますが、選挙の関係のこのコーナーは、一昨日終わらせていただきました。
          飯田市は民主主義に抵触してしまいましたので、どのような結果を国が出すのかは分かりませんが、市長になるまでのお時間を与えていただきましたので、阿智村の村議選で民主主義を取り戻せるよう努力いたします。
          阿智村の犯罪も飯田市の犯罪も、同じ公共団体の犯罪です。阿智村が潰されて飯田市が潰されないなどありえませんので、どちらが先と言うことは無いのです。
          選挙の結果が出ただけであって、今ある飯田市の行政犯罪の三つは、一つも解決していない事を飯田以外の弁護士に聞いてみましょう。そして、落選した前市長は、警察が逮捕できる市民となったのです。、
           追伸、
          ブログに終わりは有りません。飯田市選挙のコーナーを閉めただけで、削除することではありません。インターネットは永遠に続きますので、リニアが出来るころまでには、飯田下伊那が必ず南信州に成っております。いや、もう三年後に成っているかもしれませんね。

        • 市民代表
        • 2020年 10月 18日

        追加ですが、公開してくれるなと書いたのは、個人名を書いたからです。それだけのことです。

        魔物に取りつかれているのは熊谷さんだとみんなが言ってますよ。熊谷さんが私の生きているうちに市長になれたら自己紹介しますからお互い楽しみにしてましょう。

        選挙終わったし全部消してくださいね、約束ですよ。

        • 市民代表
        • 2020年 10月 19日

        私のどこが利己主義ですか。そして魔物が憑りつくって何ですか。

        68にもなって言葉に気を付けないといい年をして笑われます。クリスチャンですか。

        多くの阿智村村民と、出身校である下伊那農業の関係者が苦虫を噛む思いで映像を見、ブログを読んでいることでしょう。

        奥さん100万円没収で怒ってませんか。

        何度も書きますが、あなたの周りには優秀な方がいません。居ても逃げ出してしまうのです。

        コメントもそうですが、感情に走らず、誰が何処で何を何故・如何にをはっきりさせて書くこと。

        日本語にになっていません。

        私が今まで書いたことを読み直して反省し、精進してください。さようなら。

          • 熊谷章文
          • 2020年 10月 20日

          あなたのイメージがわきました。
          古田芙士
          原  勉
          二人を重ねれば あなたに成るでしょう。

          今日のうちで、それらの根拠を追加で書き出します。

          • 熊谷章文
          • 2020年 10月 20日

          古田芙士は県会議員の時、「俺は大野の〇〇屋(屋号)の身内だから熊谷君と親戚になる」会うたび、そう声を掛けられました。熊谷泰人が市会議員になる時、「熊谷候補とは親戚だ!」と、応援謝辞を支持者の前で話されたときには、驚きました。そして、この男の正体を見抜きました。
          四年前の4月ごろ、飯伊森林組合代表理事である熊谷操の「犯罪」を、林組合長に直接話し、それら犯罪の詳細文書を渡しております。「副組合長である古田芙士県議は親戚ですので、この文書を渡して共に対処してください」と、お願いしました。
          その年、私は偶然にも飯伊森林組合、園原財産区・横川財産区代表総代になっており、総代会が開催されたあと、ほとんどの人が退出されるのを見計らい、古田芙士に駆け寄りました。お世話になりますとしか言えませんでしたが、古田芙士は、苦虫を噛み潰したような顔つきで、私に一瞥もせず、避けるように立ち去りました。林組合長も古田副組合長もそういう人間です。不正ならまだしも犯罪を告げているのですから、まして、飯伊森林組合の代表理事を数十年続けてきた熊谷操の犯罪なのですから、せめて、再任だけはやめてのお願いだけは聞いてくれると思いました。「本人がまだやるというので仕方がない」それが林組合長の返事でした。
          操は人の山も取り上げている。園原から無理やり追い出した人の山も「俺の山」だとして、阿智支所にある山林図を書き換えている。そのように話しても、「調べたが何もなかった」として、隠蔽されました。
          熊谷操は今も飯伊森林組合の代表理事で、林組合長も古田副組合長も、同じように高額な報酬を得て、タンスにしまいこんでいるでしょう。

    • ドリーム
    • 2020年 10月 17日

    ドンキホーテと言われても市政に一石投じかぶちゃん問題にも言及したので良かったんじゃないか。今後も騙されず談合と言われない様に願いたい。

    • 望み
    • 2020年 10月 18日

    おためごかしの投稿も見受けられました選挙公報だけの判断は神様でも無理です常日頃の言動などで判断しないと章さんはブログの中で阿智飯田のこと確り発信して来ています少し読んで見ると多少理解出来ると思います

    • 2020年 10月 18日

    そろそろ開票です章君の訴えどの程度浸透したか興味深く見ていますある程度の世代はパソコンスマホ良く扱えず若い世代は政治に感心無く困りましたね。投票率ももっと伸びるかと思った。

    • 総評
    • 2020年 10月 19日

    熊谷章文さんご苦労様でした。公開討論会に間に合わないと排除されなければもっと主張評価されたと思うが市政に投じた清風には成ったと思う。新市長さんおめでとうございます。飯田市の舵取り宜しくお願いしたい。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 19日

      公開討論会で何を聞きたいのかと記者に質問されましたが、それらのことは記者会見のユーチューブをご覧いただければお分かりいただけます。
      私は一度も主張をしていませんよ。
      こどもになって、親に向かって夢を語っただけです。

    • 得票数
    • 2020年 10月 19日

    章さんご苦労様でした 昨夜得票数の話を皆でしたが章さんには失礼と思うかも知れないが善戦との声多かった突然の出馬知名度は関係者と市役所内部で知らない人の方が多かったが選挙後ブログ読む人増えそう。当方も敢闘賞差し上げます。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 19日

      得票数? 私は知りませんし、気になったこともありませんし、家族も詳しい票数は口にしていません。私の家庭に不要なんでしょうね。
      9月24日、夕食後に「市長になる」と言いましたら、妻もテレビに夢中で、娘は食後の片づけで、聞き逃されてしまいました。
      仕方なしに、お風呂から出て(お風呂、私が一番最後です)もう一度繰り返しました。

    • 選挙後
    • 2020年 10月 19日

    問題避けて通れません選挙後此れからどうなるんでしょうか?

    • 一市民
    • 2020年 10月 19日

    お疲れ様でした。
    実際に首長選挙の場に身を置かれた事実に対して敬意を表します。
    真似のできることではありませんし、ブログの感想に上から目線で書いているような輩たちには熊谷さんのような度胸があろうはずもないでしょう。実行している者に対して傍観しながら偉そうなことをいうほど愚かな者はいません。
    この場においても、それすら分からない民度の低い市民が多いことを同じ市民として恥じています。
    ともあれ、熊谷さんの声を聞く人もこの間には増えたでしょうから、何らかの変化があることに期待しつつ、勝手ながら労いの気持ちとさせて頂きます。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 19日

      目上の方にこの様なコメントいただき、父親が褒めてくれた気がしました。
      読み終わり、思わず身震いしましたが、この身震いが清涼剤です

    • 選挙後
    • 2020年 10月 19日

    佐藤市長誕生したら第一に此の問題にてをつけて欲しい大役です どうも選挙期間中卓さんの人達が読んだ様子まさか放置は出来ません

    • 市民代表
    • 2020年 10月 20日

    熊谷さんは林業科のご出身だという事ですが、宮大工の西岡常一さんをご存じだと思います。

    代々の法隆寺の宮大工だった家に生まれた方ですが、あえて薬師寺の金堂を始めとして、回廊そして西塔の再建までやられた方でした。この4月に薬師寺の東塔の修復が終わり公開されるはずだったのです。

    コロナの影響で式典は行われませんでしたが、近く訪ねたいと思っているんです。二つの塔を同時に見られるのは飛鳥を思い起こさせるロマンです。

    むかし西岡さんを本で知ったのですが、その後ビデオとか録音集等でさらに深く知ることができました。

    そして日本の林業の事は勿論、なぜ彼が農業高校へ祖父の勧めで行ったのか。究極は日本の飛鳥時代の建築技術とそれに使う道具のすばらしさを知ったのです。

    適材適所等、経営にも応用可能な素晴らしい本で、何冊も購入して若い人に配ったものです。

    阿智村清内路には宮大工として櫻井三也さんがおられ、神社仏閣の建築・修復・彫刻までされております。

    ドイツパンの店「アントン」は娘さんがやっておられますが一度だけ店でお顔を拝見させていただいたことがあります。

    同棟の展示スペースではその時水戸の天狗党の一行が脇本陣に残していった文書と刀剣の展示をされていました。

    西岡さんの本「木に学べ」をまだご覧になっておられない様でしたら、是非ご一読をお勧めします。

    私の愛読書で常に手に届くところにおいてあります。日本国民必読の書であり彼の日本人への文字による遺産だと思っています。

    阿智村には素晴らしい方々と歴史遺産そして自然があります。これからも大事に守っていきたいものです。

    先にも書きましたが、特に脇本陣の保存は最重要事項でして、飯伊の枠を超えて保存修復をしていかなくてはと思っています。

    古田さんにしろ原勉にしろ、組織の上に立ち人の上に立ちますと清濁併せ呑むこともやむを得ず必要かと思うんです。

    原勉もそれから先ごろ亡くなった吉田博美も割とよく知っています。よいところもたくさんあるし地元のために尽くしたことは牧野市長も同じです。

    いずれにしましても、飯田下伊那を発展させることを第一に考えての政策が必要であり、思い切った発想が求められているはずです。

    その点で、私の思いの一部を開陳させていただいたのです。

    どうか冷静に私の投稿を読み返していただき、一部でもその意味を読み取って頂き参考にして頂ければ嬉しいです。

    多少の失礼はあったと思うのですが、匿名のコメント欄故にご容赦いただきたいと思います。

    この選挙戦は熊谷さんのおかげで楽しい時間でした。感謝して今後のご活躍を祈念しております。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 20日

      あなたが変わってくれたことが何よりうれしいです。
      そこに繰り返して申し訳ありませんが、もう一言二言、ついでに書かさせていただきます。
      原勉、私は「腹・便」と、揶揄しました。 私にはそのようにしか映りません。そして、魔物とも書いています。私を名誉棄損で訴えていただきたいです。
      彼の風体で「自分が一番」との印象を受けました。こういう者は、すでに“餓鬼”となっています。それこそ、「リニアは経済効果だ」とのたまう、欲の塊です。
      彼の周りにつくぜい肉が、それらのすべてを物語っています。あの見苦しい姿、欲のせいで満足に歩けないじゃないですか。あんな姿になっても、まだ、欲を身に着けたいようです。
      あの人の人生は、そう長くありません。あんな余分なものを身につけすぎれば、当然に長くは歩けませんからね。それが、“天罰”なのです。
       肝心な返答
      法隆寺の件について、私が感じたままでよろしいでしょうか。
      修学旅行で、一番印象に強かったのが「夢殿」でした。その場から離れられず、先生に怒られた記憶があります。
      二度目は、設計士になって、それも独立してからです。修学旅行で感じたままの「夢殿」でなかったのは、やはり、建築の魅力に取りつかれていたのだと思います。
      「あ!夢殿はお風呂だったのか」そう確認できたのが三度目でありました。
      たったそれだけのことですが、三度目で初めて「夢殿」が、心を落ち着かせる場所であったのかに気づいたのです。
      やはり、三度目の正直は、三度の経験で知るものなんですね。
      私は人の名前を覚えられません。それでよく失礼なことをしてしまうんですが、わたしがしっかりと覚えてる顔は、「不安を共有」できた方だけでありました。

        • 市民代表
        • 2020年 10月 20日

        熊谷さん

        ここは匿名のコメント欄ですが、唯一匿名でないのはあなたです。

        ですから書く内容に気を付けた方が良いですよ。特に悪魔とか、原勉の風体をあのように書くのはあなたの知性と教養を現しています。

        私は飯田高校で彼と机を並べましたが、当時からあのキャラとあの体つきです。

        それと私は何ら変わっておりません。冷静になっただけです。あなたも感情を抑えて紳士になってください。もう68ですよ。

        法隆寺の事など聞いてはおりません。本を読んでなければ読んでくださいとお勧めしたのです。

        私への返信として書いているのに何で彼女が出てくるのですか。

        彼女って誰ですか。片想いですか。

        私があなたと会ってディベートでもしたなら、あなたは私に殴りかかってくるんではないですか。

        皆さん見て読んでますから、今後は気を付けた方が良いです。

        私があなたと会えば、あなたを簡単に論破して見せます。

        とにかくすべてのレベルが違いすぎます。あなたは市長選に出ない方が良かった。

        全てを晒してしまいましたね。所詮「下農レベル」なんです。

        くれぐれも名刺に2020年飯田市長選に出馬と書かないでください。

        返信無用です。

          • 熊谷章文
          • 2020年 10月 20日

          すみませんが、今後、あなたからのコメントは自動削除いたします。

    • 相手の手
    • 2020年 10月 20日

    章さん 相手の手にはまらないでください。輩たちは章氏を激怒させるようなコメントを入れて、章氏の書き込みから章氏を術中に陥れする 目論みかと思います。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 20日

      心配かけさせてすみません。
      飯田下伊那が一つに成れない原因が皆さまにもお分かりできたと思います。
      飯田高校(高松高校)が原因なんですね。
      古田芙士・原勉、これらをほめちぎり、下伊那農業高校は低レベルだとして決めつけました。
       
      このブログを始めた最初に、この事を書き出しております。その事を改めて掻きだしますね。
      松本日産プリンスの飯田営業所の役員さんから聞いた話を書き留めていますが、「飯田という処は不思議なところですねえ、どこを出ていますかとの話が良く聞かれますが、出身大学を答えると話がかみ合わない」
      もう、これだけでお判りいただけるでしょう。

        • 市民代表
        • 2020年 10月 22日

        古田芙士は下脳いや失礼下農の出身ですよ。

          • 熊谷章文
          • 2020年 10月 22日

          そうですよ。そんなことは知っております。あなたと同じ魔物だと言っているんですが、気が付きませんか?
          原勉は商工会議所会頭で佐藤健の実質的な後援会長、八束は元会長で牧野光朗の後援会長、どちらにしても「丘の上」の事情ですね。

          ついでに言っておきますが、「グランドデザイン」を行った北河原も飯田高校で、お前らの仲間であるのに気づいたのが、西沢構造計算事務所の西沢潔(飯田高校)です。
          魔物が友人だと気づいた西沢さんは、「ガン」という壮絶な戦いに身を置き、自ら責任を取られたのです。

          総務省から引導渡された「佐藤健」が、お前らの仲間であることを、私はブログで知らしめてきました。
          私が「国」なんですよ。国を愛して、国を守ろうとしただけです
          お前ら魔物が国の金を食い物にしてきたのだらから、国は、お前らをこの世から消し去るために、この選挙戦を行わせたのだ。
          魔物には頭が無いので、金のような道具に執着するのですが、流石に「国の金」はまずかったようです。
          お前らは地獄へ行くまえに、国は十分な時間を与えてくれますが、お前らの“金”が、地獄でも通用するとよいですね。
          さようなら

    • 市民
    • 2020年 10月 20日

    相手の手 さんに同感です。市民代表さん紳士?のコメントありがとうございます。猟友会員ですか?仕掛けるわながうまいですね。

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 20日

      飯田高校は頭が良い。だからリニアは経済効果を生む。そう信じて疑わない族です。
      下伊那農業高校を低レベルと言う裏には、「農業はどうでも良い」という固定観念で、農業する奴らは低次元の人間なんだと決めつけ よう としています。
      下伊那農業高校を出られた方々は、何とか農業を基幹産業にしようと願い、もがき苦しんでいるのです。

    • かぶちゃん
    • 2020年 10月 21日

    やはり今回の市長選にはかぶちゃん問題少なからずあったと思っています。最後にかぶちゃんに造った木質系発電所等出資金集める事業等最たるものでしたちょっとの間の稼働で直ぐ閉めてしまいました。凄い事業始めたと思い出資金出してしまった人達いたと思います。ジャパンライフの被害額の4割とはちょっとびっくりしました。今やっとジャパンライフに手が付いた所だがこの先かぶちゃん問題徐々に明らかになると思う。何れにしても飯田がかぶちゃんの一つの拠点に成った事は事実で残念でした乱文で上手く伝わらないかもしれません

      • 熊谷章文
      • 2020年 10月 21日

      あんまり、大きい声では言えませんので、文書にして長野県と飯田下伊那市町村に送付しております。
      行政で犯罪に当たることが出来ませんので、長野県警察本部に各市町村長と議会が届けております。
      一番最初に届けたのは、当然阿部知事と小池県議会議長です。
      これが行政が出来る唯一の事であり、また、絶対に行わなければ成らない行政機関の機能です。
      それが民主主義です。
      警察は国を守るためにあり、国の機関である地方公共団体の長に、犯罪者が当たることはあり得ません。
      ただの制度機構ですので、心配には及びませんよ。
       追伸
      官製談合は監査員が関与した事で「行政犯罪」となり、二重契約は行政の長の指示で行われ、議会がそれを看過した事で「行政犯罪」と成りました。
      しかし、「かぶちゃん農園詐欺犯罪」は、刑事訴訟法で当たれる「刑事犯罪」です。
      国を守る警察であるならば、国の機関を潰すより、国の機関を壊そうとする“族”を、刑務所送りにすることです。

    • 西風
    • 2020年 10月 21日

    今回の市長選で阿智村関係のブログ読んで見たら章さん飯田の事コメントしていたが阿智の件は卒倒するくらい。ヘブンスターミナルに行く道路だろうと思うが未登記で章さん譲って貰ったとの話 村道との話だがヘブンスから払われていた地代消えているとのうそみたいな投稿もあってビックリ此は戒厳令出さないと行けない位の事件。兎に角唖然としましたかぶちゃんの件は佐藤さんも責任ありますね

    • 2020年 10月 21日

    先ずは佐藤体制スタートおめでとうございます。

    • 熊谷章文
    • 2020年 10月 22日

    古田芙士は下脳いや失礼下農の出身ですよ。

    • 熊谷章文
    • 2020年 10月 22日

    そうですよ。そんなことは知っております。あなたと同じ魔物だと言っているんですが、気が付きませんか?
    原勉は商工会議所会頭で佐藤健の実質的な後援会長、八束も元会長で、牧野光朗が「裏切られた」と叫んだ元後援会長、どちらにしても「丘の上」の事情ですね。

    ついでに言っておきますが、「グランドデザイン」を行った北河原も飯田高校で、お前らの仲間であるのに気づいたのが、西沢構造計算事務所の西沢潔(飯田高校)です。
    魔物が友人だと気づいた西沢さんは、「ガン」という壮絶な戦いに身を置き、自ら責任を取られたのです。

    総務省から引導渡された「佐藤健」が、お前らの仲間であることを、私はブログで知らしめてきた。
    私が「国」なんですよ。国を愛して、国を守ろうとしただけです
    お前ら魔物が国の金を食い物にしたのだ。国は、お前らをこの世から消し去る道具として、この選挙戦を行わせた。
    魔物に頭が無い! 金のような道具に執着したのが運の尽きだが、流石に「国の金」はまずかった。
    お前らが地獄へ行くまえに、国は十分な時間を与えてくれる。お前らの“金”が、地獄でも通用すると思うか!

    • 熊谷章文
    • 2020年 10月 22日

    市民代表 として、数々の攻撃コメントを入れてきた者は、佐藤健 本人です。
    そのことには当初から気付いておりましたが、証拠がありませんでした。
    しかるに、「一市民」のコメントを自動削除したことにおいて、ついには、ほかの人のコメント(相手の手)を利用するという、東大出の頭にしか思いつかない行為に出たことで、確信が持てました。
    どちらにしても、「犯罪者」が市長になどなれません。
    この男、原勉はもとより、牧野光朗とその魔物たちともども、一生くらい刑務所で人生を終えることでしょう。
    自分のブログに自分でコメントするなど、考えておりませんでしたが、これで飯田市も決着しました。
    阿智村はこれからですが、長野県警は、それらに当たれる十分な時間を私に与えてくれました。
    国を守るのが国民であるのだということ、それが「国民の生命と財産を守る」国民自らの務めです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. R
  2. original-768x410[3]
  3. DSC_5102
  4. 1920px-Diet_of_Japan_Kokkai_2009
  5. 顔-40
  6. s_cohAC30-16-200

最近のコメント

PAGE TOP